第47話「守るべき未来」

マップ

マップ画像 - 第47話「守るべき未来」

マップ上のイベント

(1) 敵20機撃墜後または4PP開始時、敵増援。
 → 真ゲッタードラゴンと真ゲッター1の合体攻撃武器「真シャインスパーク」追加。
 → 宇宙戦艦ヤマトが武器「波動砲」を使用可能になる。(このマップ終了まで)

解説

大量のインベーダーと戦うマップ。遅くとも4PP開始時に出現する敵増援後の勝利条件でターンの制限が設定されているため、速やかに敵を減らすことが求められる。SRポイント獲得条件も、スタートから3ターン以内の敵20機撃墜が設定されており、効率的に敵を撃墜していかなければ達成できない。援護攻撃やMAP兵器を使い、1ターン毎に敵に与えるダメージが最大になるよう意識して戦おう。

今回の戦闘では、沖田艦長がインベーダーに対して「波動砲」を使用することを決断し、このマップ中に限り使用可能となるという大きなイベントがある。タイミングは敵増援部隊のコーウェン&スティンガー登場後。「波動砲」は消費ENが250と非常に大きいが、攻撃力は10段階改造で10,300と、それに見合うものになっている。MAP兵器の「波動砲」も用意されており、こちらは攻撃力が10段階改造で8,100と単体攻撃のものと比べると少し落ちるがマップ端まで届く長大な射程を持つ。これが勝利条件を満たすために大変役立ってくれる。補給ユニットや強化パーツなどでENを回復する手段を準備しておけば、まず負けることはないだろう。

このマップで「波動砲」を使用することは、50話以降の隠しルートへの分岐選択肢が提示される条件の1つになっている。これを満たし、第49話クリア時点にエースパイロット25人以上で、グレートエースが含まれていれば、より難易度の高い隠しルートへ進むことが可能になる。また、「波動砲」使用がこのマップでのナインのデータ解析の対象行動にもなっている。忘れずに戦闘終了後にファクトリーに入り、TacPを100もらおう。

余談

コーウェン&スティンガーのMAP兵器「ビーム」の射程範囲が、レトロゲーム「スペースインベーダー」のインベーダーの形に似ているのは偶然とは思えない。

登場ユニット

味方

機体 パイロット
宇宙戦艦ヤマト 沖田 1
真ゲッタードラゴン 1
真ゲッター1 竜馬 1
ツヴァルケ メルダ 1
選択した母艦 1
選択したユニット 19

機体 パイロット 獲得ボーナス
インベーダー インベーダー 24
インベーダー インベーダー 3
インベーダー インベーダー 3
インベーダー インベーダー 3

(敵増援後)

機体 パイロット 獲得ボーナス
コーウェン&スティンガー インベーダー 1 スキルプログラム(防御アップ)
インベーダー インベーダー 3
インベーダー インベーダー 3
インベーダー インベーダー 3

作戦目的

勝利条件

1. 敵の全滅。

(敵増援後)

1. コーウェン&スティンガー出現から4ターン以内に他の敵を全滅させて、最後にコーウェン&スティンガーを撃墜する。

敗北条件

1. 味方戦艦の撃墜。

2. 竜馬の撃墜。

(敵増援後)

1. 味方戦艦の撃墜。

2. 竜馬の撃墜。

3. コーウェン&スティンガー登場から5ターンが経過した場合。

SRポイント獲得条件

3ターン以内に敵を20機以上、撃墜する。

スキルプログラム

・防御アップ

ファクトリー

お勧め品

パーツ名 購入価格
ハロ 1000pt
ピンクハロ 1000pt
ガーディムドライブコア 1000pt

ナインのデータ解析

宇宙戦艦ヤマトが波動砲を使用することで、TacPを100入手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA