第38話「歪む世界」

マップ

マップ画像 - 第38話「歪む世界」

マップ上のイベント

(1) クリス撃墜後または4PP開始時、敵・味方増援。
 → ヒルダがテオドーラに乗り換え。
 → クリスが自軍に復帰し、ハウザー クリス・カスタムに搭乗。
 → ヒルダ、ロザリー、クリスが移動。
(2) サリア撃墜後、敵・味方増援。
 → ジルがエンブリヲに撃墜される。 ※1
 → サリアのクレオパトラが味方ユニットに変化、武器「能力解放」追加。
 → テオドーラに武器「能力解放」追加。

※1 35話からの条件を満たしている場合、撃墜されない。

解説

SRポイント獲得条件がスタートから2ターン以内にクリスのテオドーラを撃墜することなので、素早く撃墜できるよう用意しておくのが無難。攻撃する味方ユニットは「加速」持ちのパイロットが向いている。強化パーツや「激励」を使って気力を確実に上げられるようにしておき、2ターン目に一気に撃墜してしまおう。撃墜後はすぐにクリスがハウザーに乗って自軍に復帰する。

サリア撃墜後に起こるイベントでジルは死亡してしまう。しかし第35話からの条件を満たしている場合、敵増援で現れたサリアをジルが撃墜することでシナリオの展開が変わり、ジルが自軍に加入する。これについては下記にリンクするページを参照のこと。
 → 隠し要素 – レイジア(ジル)

エンブリヲのヒステリカは2回行動で、近付くとほぼ確実に味方ユニットの固まっているところにMAP兵器を撃ってくる。撃ってくると予想した時点で「かく乱」や「システム掌握」を使っておいて敵フェイズでの被害を抑えよう。何度も撃たれると危険なので、こちらの攻撃が届く位置になったら次のフェイズを迎えさせる前に1ターンの集中攻撃で撃墜してしまえばいい。

登場ユニット

味方

機体 パイロット
エターナル ラクス 1
プトレマイオス2改 スメラギ 1
ナデシコC ルリ 1
グレイブ ロザリー・カスタム ロザリー 1
アーキバス ヒルダ・カスタム ヒルダ 1
選択したユニット 13

(味方増援1)

機体 パイロット
レイジア ジル 1
テオドーラ ヒルダ 1
ハウザー クリス・カスタム クリス 1

(味方増援2)

機体 パイロット
ヴィルキス アンジュ 1
アーキバス バネッサ・カスタム タスク 1
ARX-8 レーバテイン 宗介 1
クレオパトラ サリア 1

機体 パイロット 獲得ボーナス
プラン1056 コダールi ファウラー 1 量子型コンピュータ端末
プラン1056 コダールi カスパー 1 スキルプログラム
プラン1056 コダールi サビーナ 1
テオドーラ クリス 1
ユークリッド 高性能AI 4
Zy-98 シャドウ アマルガム 8
ピレスロイド AI 10

(敵増援1)

機体 パイロット 獲得ボーナス
クレオパトラ サリア 1

(敵増援2)

機体 パイロット 獲得ボーナス
ヒステリカ エンブリヲ 1 S‐アダプター
金塊100000
スキルプログラム

作戦目的

勝利条件

1. テオドーラの撃墜。

(サリア登場後)

1. クレオパトラの撃墜。

(エンブリヲ登場後)

1. ヒステリカの撃墜。

敗北条件

1. 味方戦艦の撃墜。

2. ヒルダ、またはロザリーの撃墜。

(サリア登場後)

1. 味方戦艦の撃墜。

2. ジル、またはヒルダの撃墜。

(エンブリヲ登場後)

1. 味方戦艦の撃墜。

2. アンジュの撃墜。

SRポイント獲得条件

2ターン以内にテオドーラを撃墜する。

スキルプログラム

・命中アップ
・集中力

ファクトリー

お勧め品

パーツ名 購入価格
ハイブリッドアーマー 250pt
高精度センサーシステム 500pt
S‐アダプター 1000pt

ナインのデータ解析

不明。

ナインは全機能を総動員して状況解析中とのことなので、データ解析によるTacP入手は今回は無いかもしれない。

「第38話「歪む世界」」への1件のフィードバック

  1. クリス撃墜後、イベントでクリス周囲のユニットは強制移動させられる。
    この際、ロザリーとヒルダは、行動済みであっても、未行動状態に回復する。
    そのかわりに、フェアリーブレスで付加した「幸運」などの効果は、失われる。
    アマルガムの名ありボス3名は、2EPには動き出す。
    (2PPにクリスを撃墜した場合。2ターン中にクリスを撃墜しなかった場合は未確認。)
    サビーナとファウラーは、ラムダ・ドライバと底力によって、HPが減ると、想像以上にダメージが通らなくなる。強武器かバリア貫通武器がなければ、トドメを刺せないと思ったほうがよい。
    なお、アマルガムの3人はいずれも精神耐性を持っているので、強化パーツのバイタルダウンや「脱力」を使用する場合は、彼らの気力が110以上になったのを確認してから。
    「脱力」でラムダ・ドライバを無効にできない(全属性ダメージを2000以上軽減)ので、ある意味、精神耐性・底力・バリアを持っていないエンブリヲよりもやっかい。
    中でも、カスパーは長射程で、こちらが近づく前に攻撃してくるので注意。必要に応じて「先見」などを使うと良い。
    サリアは基本的にはジルを狙うが、移動後でもジルに攻撃が届かない場合は、弱い(HPの低い?)他のユニットに向かって移動し、攻撃をする。
    ジル加入イベントをこなす場合、エンブリヲ登場時に、ジルが行動済み状態でエンブリヲの近くに取り残されることになる。もしジルが狙われた場合は、敵のターンを「先見」などで乗り切り、味方のいる方に逃げるとよい。
    なお、宗介が狙われた場合、攻撃で大ダメージを食らっても、「単分離」を行えばHPは全快するので、覚えておくと後々役に立つ。
    エンブリヲは、特定の味方を狙わない。普通に弱い(HPの低い?)味方に攻撃してくる。また、2回行動で超絶広範囲のMAP兵器を持つが、登場時の気力は100で、精神耐性を持っていない。「脱力」をかけ放題で、MAP兵器に必要な気力120まで届くことはなく、底力もバリアもなくて打たれ弱いので、あっさり落とせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA