第50話「終わりなき戦い」

マップ

マップ画像 - 第50話「終わりなき戦い」

※ 薄い水色で示した範囲が敵増援時に拡張される範囲。

マップ上のイベント

(1) デスラー撃墜後、敵増援。
 → マップのサイズが拡張される。
 → ヴィルキス、エターナル、トゥアハー・デ・ダナン、ナデシコが離脱。
(2) ヒステリカ撃墜後、敵増援。
 → ARX-8 レーバテインが移動。
 → ヴィルキスが再登場、武器「真・能力解放」追加。
(3) ヒステリカがマップ上に4機以下の状態でPPを迎えるたび、撃墜されたヒステリカが復活。

解説

前半はデスラー、後半はエンブリヲを中心とした勢力と戦闘する。後半は序盤、中盤ならボスユニットとして登場してもおかしくない敵が多数登場するので、SPは後半まで出来るだけ温存しておきたいところ。デスラー撃墜後は上記「マップ上のイベント」に記載している通り、複数のユニットが離脱してしまう。特に影響が大きいのはナデシコの離脱だ。「重力波ビーム」が無くなるため、エステバリスや「外部重力波アンテナ」を装備させている機体は毎ターンのEN全回復効果が得られなくなる。この点を踏まえて出撃ユニットを選択したほうがいいだろう。

SRポイント獲得条件はデスラーとの戦闘に設定されていて、よくある4ターン以内に他の敵を全滅させてからボスのデスラーを倒すという条件に加え、MAP兵器の「デスラー砲」を使わせないという少し珍しい条件となっている。MAP兵器「デスラー砲」は気力が130必要なので、デスラーが気力130以上の状態でEPを迎えなければ封じることが可能だ。最も簡単な方法はPP終了の前にデスラーに「脱力」を使って気力を130以下に下げてしまうこと。「脱力」を使うユニットにSP回復効果のある強化パーツを装備させておけば万全だ。

エンブリヲ戦ではエンブリヲのヒステリカより先に、まず周囲の敵を全滅させることをおすすめする。勝利条件を満たすだけなら全員を相手にする必要はないのだが、ユニット数が多く、さらに武器の命中率が高い敵が多いので放っておくと味方の損害が大きくなるためだ。また、ヒステリカ撃墜後はヒステリカが5機に増えて再登場、それに加えてレナードのベリアルまで登場し、2回行動する敵ユニットがマップ上に6人となって敵の攻撃回数が一段と増える。敵の数が減っているに越したことはない。

5機のヒステリカを同一ターンに撃墜しなかった場合はヒステリカが復活する。この復活したヒステリカからも資金・TacPが入手できるので、故意に1機残してターンを終了することを繰り返すことでその分、資金・TacPを得られる。余裕があればここで稼いでおくといいだろう。

余談

女性キャラクター達から ”千年引きこもり変態オヤジ” のエンブリヲへの悪口が止まらない(笑) クライマックスはしっかりボイス付きだ。

登場ユニット

味方

エターナル(ラクス)
ナデシコC(ルリ)
宇宙戦艦ヤマト(沖田)
選択した母艦 ×1
選択したユニット ×22
ヴィルキス(アンジュ)
ARX-8 レーバテイン(宗介)

デウスーラII世(デスラー)
デストリア級(親衛隊隊長) ×6
ポルメリア級(親衛隊隊長) ×6
メルトリア級(親衛隊隊長) ×6

(敵増援1)
デストリア級(ガミラス艦長) ×4
ゲルガメッシュ(ゲール)
ドーベン・ウルフ(ネオ・ジオン兵) ×2
ディビニダド(ドゥガチ) ×3
アマクサ(木星帝国兵) ×2
夜天光(北辰)
六連(北辰六人衆) ×2
ベヘモス(アマルガム) ×2
プラン1056 コダールi(サビーナ)
プラン1056 コダールi(ファウラー)
グレイブ(AI) ×4
ヒステリカ(エンブリヲ)
ビクトリア(ターニャ)
エイレーネ(イルマ)

(敵増援2)
プラン1055 ベリアル(レナード)
ヒステリカ(エンブリヲ) ×5

作戦目的

勝利条件

1. デウスーラII世の撃墜。

(敵増援後)

1. ヒステリカの撃墜。

(ヒステリカ1機目撃墜後)

1. ヒステリカを全機撃墜する。なお、5機のヒステリカは1機でも残っている場合、味方フェイズ開始時に全機復活する。

敗北条件

1. 味方戦艦の撃墜。

2. アンジュの撃墜。

3. 宗介の撃墜。

(敵増援後)

1. 味方戦艦の撃墜。

2. 宗介の撃墜。

(ヒステリカ1機目撃墜後)

1. 味方戦艦の撃墜。

SRポイント獲得条件

4ターン以内に他の敵を全滅した後、デウスーラII世を撃墜する。なお、それまでにデウスーラII世にマップ兵器「デスラー砲」を撃たせてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA